トップ > くらしの情報 > 福祉・健康・相談 > 国民年金 > 国民年金の保険料

国民年金の保険料

国民年金の保険料は定額で、第1号被保険者は自分で負担しますが、第2号被保険者は本人が、第3号被保険者は配偶者が加入する制度から拠出されるため、本人は国民年金の保険料を負担する必要はありません。
厚生年金、共済組合の保険料は給料に一定の率を掛けて、労使が折半して納めます。

国民年金(第1号被保険者)の月額保険料

国民年金の保険料は、20歳(20歳の誕生日の前日)の月から60歳(60歳の誕生日の前日)の前月まで納めます。保険料は2年を経過すると時効により納めることはできませんのでご注意ください。

国民年金(第1号被保険者)の月額保険料は、性別・年齢・所得にかかわらず次のとおりです。(毎年度、物価や賃金の伸びによって決まります)

月額保険料
年度 国民年金保険料 付加年金保険料
22年度 15,100円 400円
23年度 15,020円 400円
24年度 14,980円 400円

保険料の納付方法

国民年金の保険料は、日本年金機構から送付される納付案内書で全国の金融機関・ゆうちょ銀行(郵便局を含む)・コンビニエンスストアで納めることができます。

有利な前納(一括)払いをご利用ください

保険料を現金で、納期前に1年分をまとめて納めると3,190円割引されます。(6ヶ月分前納は730円の割引) (平成24年度)
前納をご希望の方は年金事務所へご連絡ください。 

口座振替割引をご利用ください

国民年金保険料は、全国の銀行や農協、ゆうちょ銀行(郵便局を含む)などの口座から自動で振替できます。納め忘れがなく納めに行く手間が省けて便利です。
保険料を当月末の口座振替(自動払込)すると1ヶ月あたり50円割引されます。なお翌月末払いや一部免除には適用されません。
保険料を口座振替で、納期前に1年分または6ヶ月分をまとめて納めると割引されます。
口座振替(自動払込)の手続きは、金融機関、ゆうちょ銀行(郵便局を含む)や年金事務所でできます。
手続きには、預(貯)金通帳・お届け印・年金手帳(基礎年金番号がわかるもの)が必要です。

保険料を納めるのが困難なときは

  • 保険料の免除申 保険料を納めるのが困難なときは免除申請をご利用ください。
  • 30歳未満の保険料納付猶予 30歳未満で保険料を納めるのが困難なときは保険料納付猶予制度をご利用ください。
  • 学生納付特例制度 学生で保険料が納められないときは学生納付特例制度をご利用ください。
  • 法定免除 障害基礎年金等の2級以上の障害に関する公的年金を受けられるとき、生活保護法の生活扶助をうけているときなど届け出ることにより免除されます。

国民年金の保険料は社会保険料控除の対象です

国民年金の保険料は全額が所得税・個人市民税等の「社会保険料控除」の対象となります。年末調整や確定申告・市県民税の申告の際には忘れずに申告してください。扶養親族の保険料も対象になります。
1年間に納付した保険料額を証明する「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」(はがき)が日本年金機構から毎年11月上旬に送付されます。なお、10月以降はじめて保険料を納付した人には翌年2月上旬に証明書が送付されます。

国民年金保険料の問い合わせ先

日本年金機構留萌年金事務所
留萌市大町3丁目
TEL 0164-43-7211

お問い合わせ先

福祉課 TEL:0164-68-7004 お問い合わせフォーム

お知らせ