トップ > くらしの情報 > 福祉・健康・相談 > 国民年金 > 国民年金の寡婦年金

国民年金の寡婦年金

夫が亡くなったとき、次の要件を満たしている妻に60歳から65歳になるまでの間に支給されます。

※老齢基礎年金を受ける受給資格期間(第1号被保険者・任意加入被保険者期間に保険料納付済み期間と保険料免除期間を合わせて25年以上)を満たしている夫が亡くなった場合

  1. 夫により生計を維持し10年以上継続して婚姻関係がある。(事実上の婚姻関係も含みます。)
  2. 65歳未満である。
  3. 夫が老齢基礎年金または障害基礎年金を受けたことがない。

注意点

請求しなくては支給されません。

死亡一時金とは選択です。
年金額は、夫が受けられるはずだった老齢基礎年金相当額×4分の3になります。付加年金は除きます。

次の場合に支給停止されます。

  • 夫の死亡について労働基準法の規定による遺族補償が行なわれるときは、死亡の日から6年間支給停止されます。
  • 厚生年金・共済組合から同一事由による遺族給付が支給されるときは支給停止されます。

請求手続き・問い合わせ・関連リンク

【請求手続き・・問い合わせ】
日本年金機構留萌年金事務所
留萌市大町3丁目 電話0164-43-7211

役場総合窓口へお越いただければ、年金担当が窓口で応対し、請求書類を年金事務所へお送りできます。
また、毎月1回役場で開催している年金相談において、請求書類を年金事務所へ提出することも可能です。

【関連リンク】 日本年金機構ホームページ

お問い合わせ先

福祉課国保医療年金係 TEL:0164-68-7004 お問い合わせフォーム

お知らせ