トップ > くらしの情報 > 窓口届出・税 > 税金 > 確定申告相談のお知らせ(期間延長)

確定申告相談のお知らせ(期間延長)

令和元年分所得税・令和2年度分の住民税(期間延長)

 令和2年2月27日、国税庁より、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限を令和2年4月16日(木)まで期間延長することが報道発表されました。
 これに伴い、羽幌町においても地方税の申告期限の延長、申告相談所の開設期間の延長を決定しましたのでお知らせします。
 羽幌町の受付期間は、次のとおりです。

内容・地区 会場 受付日 受付時間
還付申告 役場1階 相談室 1月20日(月)~3月31日(火)
※1月27日~31日は離島地区
申告のため受付しません。
午前9時~午後5時
役場2階 税務係内 4月1日(水)~4月16日(木) 午前8時45分~午後5時
申告相談 焼尻地区 焼尻研修センター 1月27日(月) 午後1時~午後5時
1月28日(火) 午前9時~午後5時
天売地区 天売研修センター 1月29日(水) 午後1時~午後5時
1月30日(木) 午前9時~午後5時
市街地区 役場1階 相談室 2月17日(月)~3月31日(火) 午前9時~午後5時
役場2階 税務係内 4月1日(水)~4月16日(木) 午前8時45分~午後5時

※土・日・祝日は受付できません。
※仕事の都合などで受付時間内に来られない場合は個別に対応しますので、事前にご連絡ください。

次に該当する方は、収入が無い場合も、収入が無い旨の住民税の申告が必要となります

  • 国民健康保険・介護保険(第1号被保険者(65歳以上の方))・後期高齢者医療保険等に加入している方
  • 乳幼児医療・ひとり親医療・重度心身障害者医療等の医療制度の受給対象となる世帯の方
  • 児童扶養手当等の公的扶助を受ける方
  • 国民年金の免除申請をする方
  • 町営住宅等に入居されている方
  • 所得証明等が必要となる方 など

申告をすると税金が還付される方(還付申告)

  • 源泉徴収や予定納税をした税金が納め過ぎの方
  • 医療費が10万円を超える方 ※所得が200万円以下の方は、その5%の額を超える額
    (入院給付金・高額療養費等により補てんされた医療費は除きます)
    ※医療費の領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。医療費控除の明細書には、医療を受けた人ごと、病院・薬局ごとに医療費を合計して記載する必要があります。医療費の領収書は、自宅で5年間保存する必要があります。
  • 控除対象となる寄付金が2千円を超える方
  • 借入金等によって、住宅を取得又は増改築した方
    (対象となる要件を満たしている必要があります) など

申告に必要なもの

  • 印鑑
  • 「マイナンバーカード」又は「通知カード及び免許証等の身分証明書」
  • 事業の収入金額、必要経費を確認できる書類(経費ごとに集計していただきます)
  • 給与所得の「源泉徴収票」、公的年金の源泉徴収票(ハガキ)
  • 還付の場合、還付金の振込先金融機関の口座番号(本人名義の通帳等)
  • 国民健康保険税、社会保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料、国民年金の「領収書」または「控除証明書」
  • 生命保険料、地震保険料、旧長期損害保険料の「控除証明書」
  • 医療費控除を受ける場合、「医療費の領収書」
    ※ 病院・治療者ごとにまとめた明細書を作成していただきます。所定の様式を役場でお渡ししています。
  • 障害者手帳、寄附金の領収書 など

お問い合わせ先

財務課税務係 TEL:0164-68-7002 お問い合わせフォーム

お知らせ