トップ > フォトクリップ > 2024年 > 2024年7月

2024年7月

はぼろサンセットビーチが開設しました2024年7月16日

 はぼろサンセットビーチが7月12日より開設しています。
 撮影した7月14日は晴れており、キャンプ等で訪れた方は沈む夕日を写真や動画に収めていました。
 なお、はぼろサンセットビーチは8月18日まで開設しています。羽幌の短い夏をどうぞご堪能ください。

はぼろ夏まつり初開催2024年7月12日

 6月30日、中央公民館前広場ではぼろ夏まつりが初めて開催されました。会場には10店舗が出店。訪れた来場者は羽幌町や留萌管内の地場産品を使用したメニューを堪能しました。また、LUSH☆・羽幌高校ダンス同好会によるダンスステージ、お菓子まき、もちまきにはたくさんの来場者が集まり会場を盛り上げていました。

オロロン鳥レプリカの横に掲示板設置2024年7月12日

 6月27日から汐見地区にあるオロロン鳥レプリカの横に掲示板を設置しています。
 掲示板には、オロロン鳥について名前の由来や勘違いされやすいペンギンとの違い、保護活動の動画にアクセスできるQRコードなどについて掲載しています。一人でも多くの方がオロロン鳥のことについて知っていただけるとうれしいです。

子育て支援事業「うさこちゃん遊びの広場」で消防見学を行いました2024年7月9日

 5日、羽幌消防署で子育て支援事業「うさこちゃん遊びの広場」の消防見学が行われました。見学には4人の子どもたちが参加し、消防車や救急車に乗せてもらうなどの体験をしました。

はぼろ学講座が開催されました2024年7月3日

 6月25日、中央公民館ではぼろ学講座「‘72札幌オリンピック日の丸飛行隊の軌跡」が開催されました。講師の工藤 俊也さんからは羽幌町で行われた聖火リレーの様子と‘72札幌オリンピック会場で実際に日の丸飛行隊が飛ぶ様子を観覧したことについて、菊地 瞳さんからは‘72札幌オリンピック 70メートル級ジャンプ(宮の森)で金メダルを獲得した笠谷幸生さんの兄昌生さんは元築別炭砿のスキー部に所属し、当時日本に3基(北海道は築別炭砿のみ)しかない鉄製のジャンプ台を製作して一緒に練習に励んだ思い出を語られました。参加者も金メダルのレプリカや聖火リレーのメダルなどを手にして当時のことをとても懐かしんでおり、当時活躍していた地元選手の話に花が咲いていました。

ヘルシークッキング教室が行われました2024年7月1日

 6月28日、すこやか健康センターで羽幌町食生活改善協議会主催の成人女性を対象とした「ヘルシークッキング教室」が行われ、女性12名、推進員6名が参加しました。今回は「“やみつき”ヤンニョムチキン」と題し、簡単に作れる韓国料理に挑戦しました。たくさんの方にご参加いただき、とてもにぎやかな調理実習となりました。
(写真は羽幌町食生活改善協議会提供)